切手買取の相場は普通切手と記念切手で異なる!

切手には色々な種類がありますが、普通切手と記念切手ではどちらの方が価値は高いのでしょうか。
普通切手と記念切手の違いや、日本初の切手「竜門切手」の価値についても紹介しています。

普通切手でも高値で売ることはできる?

そもそも普通切手とは?

普通切手は、郵便料金に対応した額面で発行されている、期間や枚数が限定されず、通年発行されている切手を言います。

私たちが郵便物を送る際に郵便局で購入して利用している切手は主に普通切手で、普通切手は1円を始め、1,000円切手まで幅広い額面が用意されています。

郵便物にかかる料金によって使い分けをし、コレクション目的よりは実用的な物として扱われることが一般です。

郵便局で購入できる普通切手の場合、誰でも入手することが可能でコレクターからの需要も低くなるため、買取に出しても査定額は額面より低くなってしまうケースが多いものの、プレミアが付いている普通切手も存在するので一概に価値が低いとは言えません。

普通切手でも古いものは買取価格が高い!

日本で初めて作られた普通切手は1871年に発行された「竜門切手」で、額面の単位は「文」となっており竜の絵柄が特徴的です。

国内初の切手ということもあり、竜門切手は買取価格も高額になる傾向があり、額面500文の切手は1枚4万円ほどの価格で取引されています。

その他の額面でも数万円の買取価格が相場で、額面の周りの余白が多いほど高額査定になりやすいのです。

竜門切手以外にも、「桜切手」「鳥切手」「小判切手」など発行年度が古い切手は全体的に価値が高いので、現在郵便局で販売されている切手より遥かに高額で買取してもらえるでしょう。

古い普通切手は印刷によって価格が変わる!?

古いものほど普通切手は高値が付きやすいと解説しましたが、同種類・同額面の切手でも、印刷のバランスや善し悪しによって査定額が変化することでも有名です。

竜門切手のように古い時代の切手は手作業で製造されていたため、1枚ごとに印刷のクオリティが異なり、不備がある物も少なくありませんでした。

同じ竜門切手でも、印刷面が切れているものよりも、切手の4辺すべてに余白が十分あり、均整がとれているものの方が高く売れるので、古い切手を売るうえでも見た目の綺麗さは重要と言えるでしょう。

ただし、額面が逆刷されたエラー切手には3,500万円の値段が付けられているため、印刷の状態問わずに査定を受けてみてください。

コレクターから重宝される記念切手の価値とは

記念切手の始まりと歴史

記念切手は、国家的行事を記念して発行された切手のことを指し、昔からイベントや記念日に合わせて発行され続けています。

世界で最初に誕生した記念切手は、南アメリカ大陸の最初の鉄道の開通20周年記念を祝うためにペルーが1871年に発行した切手で、日本では1894年に明治天皇銀婚記念で発行された切手が初の記念切手です。

その後も、日清戦争勝利、対象天皇即位記念、ベルサイユ講和会議記念など、様々な記念ごとで記念切手が発行されるようになりました。

記念切手は時代ごとの歴史が詰まっており、記念切手を中心に集めるコレクターも少なくありません。

また、記念切手は発行枚数が少ないため価値が高くなりやすいのが特徴で、種類によっては思わぬ値段が付くこともあるでしょう。

近年でも記念切手は発行されており、コレクターから注目されている切手の1つと言えます。

記念切手の買取価格の相場は高い!

記念切手はコレクターからの人気が高く、未使用品や美品なら数万円で売れる物もあります。

3種類セットの「延安 文芸講話発表25周年切手」は7万円前後、「中華人民共和国成立15周年 小型シート」は10万円といったように、プレミア価格でかなりの高値になっている記念切手もあり買取価格には十分期待が持てます。

記念切手も普通切手同様に古い物ほど価値が高いため、昭和30年より前に発行された物だと特に高価買取りになりやすいです。

しかし、近年発行された物やプレミアが付いていない普通の記念切手でも額面の5~9割ほどで買取してもらえるので、不要な物なら買取に出して現金化するのがおすすめです。

記念切手と特殊切手は別物!

記念切手と普通切手の違いが分かる人は多いものの、特殊切手と混同している人は少なくありません。

両者の違いを簡潔に述べるとすれば、切手が作られた理由が異なるだけです。

記念切手は国家行事などを記念して発行される切手を指す一方で、特殊切手はキャンペーンや文化財の紹介を意図して発行されています。

たしかにデザインでも記念切手と特殊切手は似通っている所がありますが、特殊切手は文化財の紹介が多かったり、アニメなどの作品のキャンペーンが目的で作られているのです。

しかし、特殊切手の一部には「記念切手」という文言が付けられているため、切手に精通していないと分類するのが難しい物も中にはあります。

特殊切手だから普通切手や記念切手よりも高く売れる、というわけではないので、価値が分からないものは査定を受けて確認するようにしましょう。

結局記念切手は普通切手より価値が高いの?

必ずしも記念切手の方が高値とは限らない

記念切手は普通切手よりも発行枚数が少ないうえに、いつでも購入できるわけではないため高値がつけられる傾向にありますが、記念切手なら全て価値が高いわけではないのでその点は注意です。

普通切手でも価値が高い物があるのと同様に、何の記念か、いつ発行されたものか、どのくらいの量が出回っているのか、など様々な要因によって大きく買取価格は変化します。

普通切手と記念切手はどちらも多種多様で額面や絵柄によって査定額は異なるので、どちらの方が価値が高いと断定することはできません。

また、専門の知識がない人が切手の価値を判断するのは難しいため、自分の所持している切手のハッキリとした価値が知りたい方は、無料査定を利用してプロの査定士に見てもらうのがオススメです。

ちょっとした注意で価値を上げることも可能

普通切手も記念切手も、高値で買取してもらうには保存状態が重要になります。

いくら価値のある切手だとしても、破れていたりシミや折れが目立つものでは査定額も下がってしまうでしょう。

高価買取を狙うなら、切手がダメージを受けないように日頃から専用ケースなどで大切に保管するようにしてください。

また、切手はバラの状態よりもシートになっている方が管理しやすいうえに、見栄えが良いという理由で価値が高くなります。

切手の種類問わずに、シートになっている切手はそのままの状態で査定を受けるようにしましょう。

余白部分もわざわざ切り取る必要はないので、購入時の状態のままで保存しておいてください。

PAGE TOP