切手の保管方法は?100円アイテムでも利用可能

切手をコレクションするのは楽しいのですが、1つが小さいため、大切に保管しておかないと紛失してしまう可能性があります。
自分の目的にぴったりなアイテムを見つけて、大切に保管しましょう。

切手はアイテムを使って上手に保管しよう

切手は用途別に保管方法を決めるのがポイント!

切手の保管方法は、色々ありますが、切手を保管する理由によっても、オススメの保管方法は異なります

使用することが目的か、鑑賞用なのかによって、使い勝手の良いアイテムが変わってくる為、目的に合った方法を選択してください。

切手を保管するのに使えるアイテム

切手専用ストックブック

切手を鑑賞することが目的なら、最も適している保管方法は、ストックブックへの保管と言えます。

ストックブックは、あらかじめページについているクリアポケットに、ピンセットなどを使用して切手を挟むだけで、糊付けなどしなくてもそのページに切手を収納することができます。

ノートに貼ってあるように、ページをめくって眺めることが出来るのもポイントです。

また、ページの間には間紙が挟まっており、切手の保護になる為、切手が傷んだり、ストックブックを閉じたときに切手同士が擦れ合って剥がれたりする心配がありません。

切手ケース

鑑賞する為に切手を多く保管している人にオススメのアイテムです。

価格が1000円前後と、少し値は張りますが、15にスペースが区切られており、1つの仕切りにつき50枚程保管できます。

指で押すことによって切手を取り出せるプッシュ式の為、切手を折ったり汚したりすることなく楽に取り出しできます。

プラスチックケース

プラスチックケースは、100円均一でも購入でき、本来はピルケースやピアスケースとして使う人が多いアイテムですが、仕切りの大きさもちょうど切手一枚分程で、非常に使い勝手が良いです。

透明なので、どの切手が保管されているか分かりやすいのもプラスチックケースをオススメする理由の1つです。

また、ペンケースなどとしても使われている、仕切りの無いプラスチックケースを利用すれば、繋がった状態の切手を収納するのにも使えます。

カードホルダー

切手を持ち歩いたり頻繁に使う人には丁度いいアイテムです

100円均一で手に入り、素材がクリアな為、取り出したい切手が分かりやすく便利です。

金額ごとに入れる場所を分けておくと、必要な時にすぐに使えます。

持ち歩きやすく取り出しやすいという点では、カードホルダー以外にも、写真アルバムやポストカードフォルダーもオススメできます。

お菓子の空き缶など

可愛い空き缶の中に、お洒落な切手を入れて置くと、それだけで素敵な雰囲気を持つインテリアになります。

缶の中にまとめて入れて置くと、必要な時に目的の切手を探すのに少し手間がかかりますが、とりあえず大量にある切手をまとめておきたい、といった理由なら、お菓子の缶などでも十分利用できます。

PAGE TOP