沖縄・琉球切手は買取価格が高い?1枚で1万円を超えるものも

沖縄がアメリカに占領され、本土復帰するまでの間に発行された琉球切手は、発行期間が短かったこともありコレクターからの人気は高いです。
琉球切手の歴史や、特に高価買取が期待できる切手や買取価格の相場について紹介します。

琉球切手は価値の高いものが多い!歴史や特徴は?

琉球切手はどうやって生まれた?

琉球切手は、アメリカ軍の沖縄占領から本土復帰までに琉球で発行されていた切手の総称です。

発行期間は1945~1972年と短く希少価値が高いため、収集家たちからの人気も高い切手です。

沖縄戦終結後の沖縄は、庵美群島などと一緒に4つの地区で分割統治されていました。

その際には、戦前の切手の在庫には民政府通信部長の私印・検印などを押し、一般人の持つ在庫の切手と区別をしていました。

今で言う琉球切手が実際に誕生したのは1948年で、「琉球郵便」と表示されている独自のデザインの切手が発行されました。

1951年には分割統治されていた4つの群島政府がまとまり琉球臨時政府が生まれ、1952年には琉球政府が成立しました。

この琉球政府が郵便の管轄となり、「琉球郵便」の文字が入った琉球切手が発行されるようになりました。

琉球切手にまつわる事件!投機目的の買取が続出!?

1971~1973年に、本土復帰をすることによって発行が終了する琉球切手を買い求めて郵便局に大行列ができるなどの社会現象が起こりました。

本土の業者の中には郵便局の前に群がって、本来の切手の価格の3倍ほどで買い取っている人もいました。

買い付けした切手を定価の何十倍もの値段で売っている業者なども存在し、投機を煽る書籍なども出版されましたが、1973年の5月には大暴落し、琉球切手の損失を抱える人が次々と現れました

中にはお年玉を使って琉球切手を大量購入していた小学生などもおり、大きな社会問題になりました。

一時期琉球切手の価値は低くなりつつありましたが、現在では正当な価値に戻っており、高価買取が期待できる種類の物も多くあります

琉球切手の特徴は?額面は日本円以外もある?

琉球切手の最も分かりやすい特徴は「琉球郵便」の文字が印刷されていることです。

切手のモチーフには、伝統芸能、工芸品、民族行事、亜熱帯の動植物など沖縄ならではのものが用いられています。

色鮮やかな物も多くデザイン性も優れているため、コレクター間では鑑賞用として人気が高いのも頷けます。

また、アメリカ軍によって占領されていたこともあり、額面は銭や円以外にも、¢(セント)が存在するのも特徴の1つです。

高価買取ができる人気の琉球切手は?

第一次普通切手

1948年に発行された琉球切手の1つで、初版の切手は通常の白紙ではなく灰白紙が使用されており、初版の方が買取価格が少しだけ高くなる傾向があります。

額面は5銭、20銭、30銭、40銭、50銭、1円で、およそ70~1200円程の買取価格であることが多いです。

しかし、初版の1円切手は飛び抜けて人気が高く、状態が良い物なら買取額は2万円前後になることもあります。

はと航空切手

1950年に発行されたもので、名前の通り鳩が描かれています。

額面は8円、12円、16円の3種類で、額面ごとに大きく買取価格が異なります。

美品の場合、16円は300~400円程、12円は1000円前後、8円切手は最も高く、2500円前後の買取価格が期待できます。

西表政府立公園

1971年に「沖縄政府立公園シリーズの第3集」として発売される予定だった切手ですが、不発行になった為、非常に希少価値が高いです。

額面は4¢で、その名の通り西表政府立公園が描かれています。

切手としては不発行だったものの、証紙として流用されていた事例があるため少数ながら市場に出回っています。

極めて手に入りにくい切手なのでバラ切手1枚でも4000円程の買取価格が期待できます。

改定加刷切手

1950年に発行された第二次普通切手の「唐しじ」に「改定」の文字が施された切手です。額面は10円と100円があり、10円切手の方は1~3版まで発行されました。

10円切手の買取価格は200~800円程ですが、第3版の切手だけは1200円程の価格で買取されています。

100円切手は10円切手と比べてかなり買取価格が高く、状態が良い物なら5万円前後での買取が期待できます

琉球政府創立記念切手

1952年に発行された切手で、アメリカの統治下だった沖縄が琉球政府になったことを記念して作られました。

モチーフには平和の象徴の鳩や、双葉、琉球列島などが使用されています。

額面は3円となり、琉球切手の中でも人気が高い物なのでバラの状態でも1枚2800円程で買い取られることも多いです。

琉球切手はシリーズによっても買取価格が上がる

文化財・建造物シリーズや舞踊シリーズの切手など、シリーズ物は全種を揃えて買取に出すことによって更に高値がつくこともあります。

また、上記で紹介した琉球切手以外にも額面以上の値段がつくプレミア切手はまだまだ存在します。

状態によっても買取価格は変動しますが、琉球切手は切手の中でも全体的に額面以上の値段がつきやすい傾向にあります。

琉球切手を売ろうか考えている場合には、一度査定に出して正確な買取価格を確認するのもオススメです。

琉球切手と一括りにしても、切手のコンディションや種類によって大きく買取価格は異なるので、実際に査定に出して価格を知ってから買取に出すか決定するのが良いでしょう。

Webからの申し込みで、無料で査定・買取ができるので、切手の買取サービスの利用も検討して見て下さい。

PAGE TOP