切手を綺麗に剥がす方法は?必要な道具はある?

切手を間違った郵便物に貼ってしまったり、額面を間違えた時などに、簡単に切手を剥がせる方法を知っておくと便利です。
数ある切手の剥がし方の中でも、最も確実な方法を紹介します。
また、よく聞く剥がし方でも、実践するには注意が必要な物もまとめたので、切手を剥がす際には参考にしてください。

切手は簡単に剥がすことができる!

お湯を使って剥がす

冷蔵庫に入れる、ドライヤーを当てる、電子レンジを使った方法など、切手の剥がし方は多種多様ですが、その中でも一番確実で、簡単な方法が、お湯を使った剥がし方です。

貼った切手を切り取る

間違って貼ってしまった切手を、ハサミなどで封筒ごと切り取ります。

切手のギリギリにハサミを入れるのではなく、2㎝程度の余裕をもって封筒を切るのがポイントです。

容器にお湯を入れる

容器は、切り取った切手が入るくらいの大きさで良いので、少し深めのお皿などで問題ありません。

水よりお湯の方が糊が落ちやすいので、容器にお湯を入れて、人肌くらいの温度になるまで調節します。

お湯が熱すぎると切手のインクが変質する場合があるので、ぬるま湯程度にしておきましょう。

切手を入れる

ぬるくなったお湯に、剥がしたい切手を浸からせます。

30分程浸けて置くと、切手が封筒から剥がれていると思いますが、まだ封筒にくっついたままの場合には、更に時間を置きます。

無理に剥がすと切手が破れたりするので、自然に切手が浮いてくるまでお湯に浸けて置きます

一度に大量の切手を剥がす場合、糊によってお湯が白く濁ってくることがありますが、その時にはお湯を入れ替えることをオススメします。

お湯を新しくする時には全て入れ替えようとすると、切手が流れたり、傷付いてしまう場合があるので、少量のお湯は容器の中に切手と残したままにして、追加で新しいお湯を入れるようにしましょう。

切手を剥がす

30分程経って、封筒から切手が半分以上浮いていたら、優しく切手を剥がします

もし残りの部分が封筒にくっついているようなら無理に剥がさず、再度時間を置きます。

切手が封筒から完全に剥がれたら、水から上げて乾かします。

切手を乾かす

濡れた切手は、障子紙、もしくはキッチンペーパーなどで水分を取ります。

紙と紙の間に切手を挟み、本や雑誌を上から重しとして乗せて置くと、切手が反りにくく、平らになりやすいです。

水はがしをした切手を乾くまで保管しておく「ドライブック」という専用のアイテムもありますが、頻繁かつ大量に水はがしを行う予定が無い場合は、本や雑誌をの代用で十分です。

この時、挟む紙をティッシュなどの柔らかい素材の物にすると、重しを乗せた時に紙と一緒に切手が折れ曲がってしまう可能性がある為、少し硬めな紙質の物を使った方が良いでしょう。

切手はがしを使って剥がす

切手を剥がすことを専用としたアイテムも色々なメーカーから発売されている為、綺麗に確実に剥がしたい場合には、利用してみて下さい。

切手剥がしは液体になっており、切手の上から数滴垂らすことによって、切手が台紙から浮き上がってくるので、傷つけることなく切手を安全に剥がすことができます。

シールはがしといったアイテムも販売されていますが、こちらを使用すると切手を駄目にしてしまうので、あくまで切手に使う時には切手はがしを利用するようにしましょう。

切手を剥がさずに使う

切手を間違った物に貼ってしまっても、消印がなければ未使用扱いのため、通常通り利用することができます

貼ってある封筒や台紙ごとハサミを入れて、切手と同じ大きさに切り取って下さい。

裏に自分で糊付けし、本来切手を使うはずだった郵便物にそのまま貼ってしまっても問題ありません。

しかし、この方法の場合、あまり見栄えは良くないので、重要な書類や、郵便物を受け取る相手によって使い分けたほうが良いでしょう。

本当に剥がれる?切手を剥がすうえで注意が必要な方法は?

冷蔵庫に入れて剥がす

剥がしたい切手を冷蔵庫に30分程入れておくと剥がれる、といった方法ですが、冷蔵庫から出した切手の一部は浮いてはいるものの、全体が剥がれることはそうありません

剥がれる時間が冷蔵庫に入れて置く時間と比例しているとしても、30分でほんの少ししか剥がれない為、かなりの時間を要するでしょう。

ドライヤーを使って剥がす

水に浸した切手にドライヤーの熱風を当てることによって切手が剥がれる、と言われていますが、あまり綺麗には剥がれません。

水に浸すのなら、ドライヤーを利用せずに、そのままぬるま湯につけて確実に剥がす方法を選択した方が賢明です。

電子レンジを使って剥がす

切手を水につけて電子レンジで30秒ほど温めると、綺麗に切手が剥がれる、という方法ですが、切手の外側は少し剥がれてくるものの、全体が剥がれているわけではないので、剥がそうと引っ張ると切手が傷ついたり破ける可能性が高いです。

アイロンの熱で切手を剥がす

剥がしたい切手に当て布をして、アイロンを上から当てることによって熱で剥がれる、という情報があります。

しかし、電子レンジを利用した時と同様、周りは少し剥がれますが、中心部分が封筒にくっついたままの為、綺麗に剥がすにはあまり適切な方法とは言えません。

PAGE TOP