オリンピック記念切手は買取で売れる?買取価格の相場は?

オリンピックの開催を記念して発行されるオリンピック記念切手はコレクションしいている人も多い人気の切手です。切手の買取店で売った場合にはどのくらいの価格が相場なのかまとめました。

オリンピック記念切手は持っている人が多い?

そもそもオリンピック記念切手とは?

オリンピック記念切手はその名の通り、オリンピックの開催を記念して発行された切手です。

オリンピック記念切手の中で一番メジャーなのは東京オリンピック記念切手ですが、その他にも長野や札幌でオリンピックが開催された際にも記念切手は発行されました。

オリンピック記念切手は、発行された当時にコレクション目的や値上がり目的で購入する人が大勢いた為、他の種類の切手に比べて美品の状態で所持している人が多いです。

オリンピック記念切手の種類ごとの買取価格相場は?

オリンピック東京大会募金

1961年に発行された切手で、1964年に開催予定の東京オリンピックの大会資金を集めるために作られました。

額面は5+5となていますが、10円切手としても5円としても利用することができます。

1961~1964年の間に、募金が第一次から第六次まで行われ、全部で20種類の図案が発行されました。

東京大会募金第一次では3種類の図案が発行され、槍投げ、飛び込み、レスリングと異なる種目が描かれ、この3種は特に大会募金切手の中でも人気が高いと言われています。

当時は切手ブームが今よりも盛んだったこともあって、投機目的で購入する人も多く、切手販売所には長蛇の列ができていた程です。

所持している人が多いこともあり、買取価格は美品の状態であっても額面程度のことが多いです。

ただし、この時期に発行された切手にはエラーも多かった為、エラー切手の場合には更に買取価格が上がる可能性もあります。

第18回オリンピック東京大会記念

1964年に発行された切手で、第18回オリンピック東京大会の開催を記念して作られました。

バラの状態と5枚組のシートの両方で販売され、5円切手のみ9月9日、その他は後に「体育の日」として国民休日になる10月10日に発行されました。

5枚がそれぞれ異なった図案で、先行販売された物が「聖火台と競技人物」、その他4枚はそれぞれ「国立(霞ヶ丘)競技場」「日本武道館」「国立代々木競技場」「駒沢体育館」が描かれています。

額面は5円、10円、30円、40円、50円の5種類になりますが、大体10円~60円の買取価格が相場となっています。

人気の高い切手ではありますが、発行枚数が多く大量に流通していることから状態が良くても額面程度での買取価格が多いです。

札幌オリンピック冬季大会募金

1971年に発行された切手で、札幌オリンピック冬季大会の資金を集めるために作られました。

図案はスキーとアイスホッケーの2種類ですが、どちらの額面も15+5と同じになっています。

それぞれ2000万枚ずつ発行されており、残存数が多いこともあって美品であっても買取価格は1枚あたり額面通りの20円程が多いです。

札幌オリンピック冬季大会記念

1972年に発行された切手で、第11回冬季オリンピックである札幌オリンピックの開催を記念して作られました。

額面が20円の物が2種、50円の物が1種発行され、3種が連刷されたシートタイプの物も販売されました。

こちらも大量に発行されていた為、買取価格はバラの状態なら20~50円、シートの状態でも額面程になることが予想されます。

長野オリンピック冬季大会募金

1997年に発行された切手で、長野オリンピック冬季大会の資金を集めるために作られました。

額面が80+10円で、2種類が連刷された状態での発行でした。

2枚は異なる図案となっており「エンブレムと競技」と、マスコットキャラクターである「スノーレッツ」が採用されています。

発行枚数は4000万枚と多いのと、比較的に最近の切手ということもあり最高価格での買取でも額面程度であることが多いです。

長野オリンピック冬季大会記念切手

1998年に発行された切手で、発行日はオリンピック開催日の2日前の2月5日でした。

額面が50円の物が5種、80円の物が5種の計10種が連刷された切手シートとして販売されました。

10種はそれぞれ異なる図案が採用され、80円切手は長野オリンピックで行われた競技であるスノーボード、カーリング、スピードスケート、クロスカントリースキー、アルペンスキー、50円切手には五輪カラーにちなんだ色を基準とし、ミヤマリンドウ、リュウキンカ、クロユリ、ヤマシャクヤク、カタクリが描かれています。

未使用のシートの場合には、買取価格は600~700円が相場となっています。

オリンピック記念切手を売るなら今?

オリンピック記念切手はコレクションの1つとして見るなら収集し甲斐のある切手ですが、発行数が多く所持している人が大勢いるため、なかなか額面以上での買取を期待することは難しいです。

しかし2020年には東京オリンピックも開催されるため、現在はオリンピックへの関心が集まっています

美品の状態なら額面程での買取は期待できるので、将来額面以下の買取価格に下がってしまう前に売ってしまうのも1つの手です。

オリンピック記念切手を買取に出す場合には、ネットの切手の宅配買取サービスを利用して無料で査定をして貰うのがオススメです。

査定時にかかる出張料や送料が無料の為、気軽に切手を査定に出すこともでき、金額に納得がいかなかった場合にはキャンセルも無料でできます。

オリンピックは1枚で考えるとそこまでの価格は期待できませんが、複数枚所持している場合には買取価格が上がることは十分期待できます。

切手が不要だと感じた場合には切手の買取サービスを利用してみるのも良いでしょう。

PAGE TOP