切手買取の相場は普通切手と記念切手で異なる!

切手には色々な種類がありますが、普通切手と記念切手ではどちらの方が価値は高いのでしょうか。
普通切手と記念切手の違いや、日本初の切手「竜門切手」についても紹介します。

普通切手と記念切手の違いは?

普通切手とは?

普通切手は、郵便料金に対応した額面で発行されている、期間や枚数が限定されず、通年発行されている切手を言います。

私たちが郵便物を送る際に郵便局で購入して利用している切手は、基本的にこの「普通切手」になります。

普通切手は1円を始め、1,000円切手まで幅広い額面が用意され、郵便物にかかる料金によって使い分けをします。

郵便局で購入できる普通切手の場合、誰でも入手することが可能で、コレクターからの需要も低くなるため、買取に出してもそこまで高価買取は期待できません

普通切手でも古いものは買取価格が高い?

日本で初めて作られた普通切手は1871年に発行された「竜門切手」で、額面の単位は「文」となっていました。

額面や型によっても買取価格は異なりますが、古い切手のため、買取価格は数万円が相場で、額面500文の切手だと、1枚4万円ほどの価格がつけられることもあります。

竜門切手は、細かいデザインをしており、額面の周りに余白があるほど価値が高くなります

自分で判断するのは難しいため、所持している竜門切手の価値を知りたい場合には、ネットで買取査定を利用して調べてみるのも良いでしょう。

記念切手の始まりと歴史

国家的行事を記念して発行された切手のことを「記念切手」と呼びます。

世界で最初に誕生した記念切手は、南アメリカ大陸の最初の鉄道が、開通20周年記念を祝うためにペルーが1871年に発行した切手でした。

日本では、1894年に明治天皇銀婚記念で初めて記念切手と呼ばれるものが発行されました。

この「明治天皇銀婚記念切手」も、コレクターからの人気が高く、1枚8,000~1万6,000円の価格がつけられています。

その後も、日清戦争勝利、対象天皇即位記念、ベルサイユ講和会議記念など、様々な記念ごとで記念切手が発行されるようになりました。

近年でも、続々とイベントごとや新たな記念日に合わせて記念切手は発行されており、切手収集家たちからも注目を集めています

記念切手は普通切手より価値が高い?

記念切手は、普通切手よりも高値がつけられる傾向にありますが、記念切手なら全て価値が高いわけではありません。

普通切手でも価値が高い物があるのと同様に、何の記念か、いつ発行されたものか、どのくらいの量が出回っているのか、などによって大きく買取価格は変化します。

普通切手・記念切手どちらも多種多様なので、一概にどちらの種類の方が高い、とは言えないので、細かい価格がしりたい場合には、ネットで買取査定を利用して調べてみるのも1つの手です。

PAGE TOP