ハガキや切手はお金と交換できる?手数料はいくらかかるの?

自宅で余らせている切手やハガキがある人は要チェック!他の商品に交換したり、換金する方法について解説しています。
交換にかかる手数料も紹介しているので、使用していない切手やハガキをどうにかしたい方は参考にしてみてください。

いらないハガキや切手はどこで交換できる?手数料も紹介!

不要なハガキ・切手の交換は郵便局へ

自分で購入した物やもらった物など、使用することなく余らせているハガキや切手が大量にある方もいるかと思います。

残念ながらハガキなどを額面で換金することはできませんが、郵便局に持ち込んで違う商品に交換することは可能です。

書き損じたハガキや郵便書簡、特定封筒、切手などが交換対象になっているので、「ハガキはいらないけど切手が必要」「使わないはがきとレターパック封筒を交換してほしい」といった方には便利なサービスと言えるでしょう。

交換できる詳しい内容については、郵便局のHPで紹介されているため、気になる方は目を通してみてください。

ただし、交換は無料ではなく手数料が発生するため、その点も踏まえて交換しに行くのが懸命です。

年賀ハガキも交換できる?

余らせてしまった年賀ハガキを交換したいと思っている方も多いと思いますが、年賀はがきも切手や通常のはがきとなら交換することが可能です。

今後使う予定のない年賀ハガキなら、郵便局に持ち込んで手数料を払い、通常のはがきか、切手や封筒などと交換してもらうと良いでしょう。

昨年の年賀ハガキを今年の物と交換してもらうことはできないのでその点は注意です。

もし、近親者の不幸による喪服のために、購入した年賀はがきが使えなくなってしまった場合は、手数料無料で通常切手と交換してもらうことができます。

無料で交換してもらえるのは、販売開始日から販売期間終了日までなので、期限までに忘れずに交換するようにしてください。

郵便局での交換手数料はいくら?

郵便局でハガキや切手を他の商品に交換する場合、1枚につき5円の手数料が発生します。

また、往復ハガキや郵便書簡なら1枚につき10円、特定封筒(レターパック)だと42円、10円未満の郵便切手や郵便ハガキだと合計額の半額が手数料としてとられるため、交換の際は必ず手数料を払えるように現金を忘れずに持って行くようにしてください。

無料では交換してもらえないものの、新しいハガキなどを購入することを考えれば、お得でしょう。

また、手数料は切手で払うこともできるため、余っている切手が多いなら一部のハガキや切手を交換する際の手数料として使うのも有効でしょう。

ハガキや切手を買取で現金化することも可能!

ハガキや切手は買取市場でも高い需要が

ハガキなどを余らしている方の中には、「交換じゃなくて現金化したい!」という方もたくさんいるかと思います。

郵便局では換金を受け付けていませんが、買取店や金券ショップを利用すれば不要なハガキや切手を換金することも可能です。

もちろん額面以上の値段で買取してもらえることはほとんどありませんが、お金に換えられれば使い道の幅も広がるでしょう。

また、珍しい切手なら額面以上で買取されることもあり得るため、自宅に不要な切手やハガキがある人は買取も視野に入れてみることをオススメします。

金券ショップで売ると損をする可能性も

ハガキや切手が換金できるお店といったら、金券ショップのイメージが強いですが、実は金券ショップだとあまり良い値段では換金してもらえません。

額面が50円以上の切手で7割程度、10~50円未満だと6割程度、10円未満だと半額程になってしまうため、できるだけ高値で手放したい人は損をしてしまう場合があるのです。

シート状で売るならともかく、バラバラになっている切手なら尚更安値で引き取られてしまうのも難点と言えます。

切手は同じ額面でも、絵柄やレアリティによって金額が異なるため、記念切手や海外切手、中国切手などを売った場合は額面以上の値段になることもあります。

しかし、金券ショップでは額面のみで換金額を決められてしまうので、たとえ価値のある切手だとしても正当には評価してもらえないので注意が必要です。

専門の買取店に売るのがオススメ

もし、「どうせなら高く売りたい」「珍しい切手もあるからしっかり査定してもらいたい」と考えるなら、金券ショップよりも、切手専門の買取店を利用するのがオススメです。

今はネットの買取サービスを利用すれば、切手を送るだけで簡単に査定が受けられるため、わざわざお店に出向かなくても切手を買取してもらうことができます。

また、希望すればネットから申し込んで自宅まで出張査定に来てもらうことも可能です。

切手を専門とする査定士が査定を行うので、切手の価値をしっかりと評価してもらえるかなり便利なサービスと言えます。

切手をお店に送るための送料や出張費用、査定料、手数料などは全て店舗が負担してくれるため、利用者が完全無料で切手を現金化できるのも、嬉しいポイントです。

査定だけを受けることも可能なので、切手やハガキの現金化を考え中の方は切手の買取オススメランキングを参考に利用店舗を探してみてください。

PAGE TOP